ごあいさつ・スタッフ紹介

ごあいさつ

代表取締役 松田 幸二 株式会社まつだ工務店
代表取締役 松田 幸二

育った環境から芽生えた、大工さんへのあこがれ 私は地元、堺で父の営む工務店に生まれ、おじいちゃんも親戚のおじちゃんも大工と言う環境で育ちました。地域密着の工務店でしたので、私も小さい頃から父に工事現場へ連れて行ってもらい、大工さんの働く姿を見ていました。大工さん達は、何もないところから木を組み立てていき、家を造り上げていました。まだ骨組みしか組んでいない家の高いところをヒョイヒョイと歩き、どんどん木を組み立てて家を建てていきます。そんな光景を見て私は「大工さんかっこいい!」と憧れの眼差しで見ていました。
休憩の時には小さな私とよく遊んでもくれました。そんな大工さんに「家建てるとこ見て面白いか?」と聞かれ「うん!」と答えると、「この家はな、お客さんが俺たちの事を信頼して建てさせてもらってるんやで。だから、頑張って丈夫な家になる様に、おっちゃん達は一生懸命やってるんやで」と話してくれました。まだ幼かった私は「ふーん」とよくわからずに返事していました。今考えると、父を始め、大工さん達の事を信頼して家づくりを依頼してくれていたんだとわかり、だから今でも古くからのお客さんが長いお付き合いをしてくださっているんだと感じています。
そんなお客様にこれからも末永くお付合いしていただける様、今度は私が誠意を持ってお仕事をさせて頂かなければと強く思っています。

震災の経験を経て、現在の仕事に 幼い頃は「大工さんになりたい」と思って育ってきましたが、高校を卒業し、年頃になった私は親と働くことを避け、家業の工務店では働かずに運送会社へ就職しました。ですがその傍ら、建築の仕事がしたいとも思い夜間の建築学科へ通って家づくりを学ぶという日々を過ごしました。そんな折、阪神淡路大震災が起こりました。
当時の記憶はとても鮮明で、私の地元である大阪、堺にも揺れが起こり瞬間的に「ただ事ではない」と感じたことを憶えています。当時の勤務先で建築資材を運んでいた関係で、私は震災直後に被災地へ荷物を運ぶことになり、見るも無残な被災地の光景を目の当たりにしました。道路はアスファルトがめくれ上がり、住宅は崩壊し、ビルも倒れていたり、高速道路までもが倒壊していました。
当時建築の勉強をしていた私は、その凄まじい状態を見て、もし自分が建てた家が倒壊しそこで暮らしている人が亡くなってしまったら…と怖くなりました。しかしそれと同時に、もっともっと地震に強い家を建てて、そこで暮らす人に安心してもらいたい、それを実現することも家づくりを担う責任だと思い、建築の仕事に就くことを決意しました。

私は、家業の工務店に戻る前は、中堅の建設会社で現場監督を8年していました。その頃は公共工事やマンション建設、そして一般の木造住宅もさせて頂いていました。この頃は、職人さんに作業の説明をしたり、品質管理や安全管理をしていました。そんな仕事内容だったので職人さん達の物を作る姿を見ていて、「かっこいいなぁ」と思っていて、よく職人さんの作業を手伝ったり、簡単な作業は自分でやったりしていました。そんな事をしているうちに、地元堺で、自分の手で良い物を作りたいと思うようになり、家業の工務店に戻り大工として働くようになりました。
実際に家づくりを自分の手でするようになり、お客様と打合せもさせてもらい、自分なりのアドバイスを加えながら、お客様の要望や夢を形にできた時、そしてお客様の喜ぶ顔を見た時、本当にお役に立てて良かったと、私自身もすごく幸せな気持ちになりました。

リフォーム工事で知った、欠陥住宅の怖さ そんな時、リフォームでお伺いしたお客様のお宅で、古い壁や床をめくると、壁の中や床の下が結露や雨漏りしてしまっていて、柱や土台が腐ってしまい凄まじい状態になっていたことがありました。お客様に状況を見て頂くと、顔が真っ青になり、今にも崩れ落ちそうになられました。「どうしたらいいですか?直りますか?」と本当に不安そうな顔で私におっしゃいました。私は状況と修理方法を詳しく説明させて頂いてから作業に取り掛かり、作業が完了した時点での状態を見て頂きました。するとお客様はホッと一安心した顔を浮かべ、「ありがとうございます。これで安心です」と言っていただけました。
この経験があり、お客様に絶対にこんな思いをさせてはいけないと強く思いました。
私が家づくりをさせて頂くお客様には心から安心して毎日を笑顔で暮らして頂きたい。そんなお客様の笑顔を見られることが私達の喜びです。そして、そんな安心感は信頼できる人に頼んで初めて生まれると考えています。
ですから、私はお客様に心から安心して頂ける家づくりをし、私自身が信頼され任せてもらえる仕事、行動をしていきたいと考えています。

たどり着いた、「安心できる家づくり」 リフォーム工事で知った欠陥住宅の怖さ。木造の従来工法では、結露がどうしても発生してしまい、土台や柱を腐らせてしまうことが多いと学びました。ではできるだけ結露を発生させないためにはどうすればよいか?調べていくと、高気密・高断熱工法が適していると知りました。そこで、高気密・高断熱+高耐震のSW工法を導入。まつだ工務店の高性能で安全かつ快適な家づくりのベースとなりました。

では、さらに安心して暮らしていただくためにはどうすればよいか?今も様々な事を考えて、実践しています。
自分に子供ができ、家づくりと子育ては非常に密接な関係にあることを学びました。化学製品に囲まれた家では、アレルギーやシックハウスなどの心配が拭いきれず、特に小さいお子様を抱えた家族にとっては重要な問題になります。そこで化学製品を使わず、自然の素材を使うことで赤ちゃんが床を舐めても安心な住宅にしてはどうか?と考えました。
自然素材はこまめな手入れが必要となります。ですがその手入れを家族ですることで、さらに家に愛着を持ってもらえるのではないか。家族とともに、家も成長していく。それこそが理想の家づくりではないかと私は思っています。
さらに安心して子育てをしていただくための工夫として、「子供たちを見守れる間取り」にすることも重要です。例えば、家族が過ごすリビングを必ず通るようにリビング階段をつけたり、リビングの片隅で勉強できるスペースや、家事をできるスペースを作ることなど、住む方の生活スタイルに合わせる間取りを提案するために、じっくりをお客様のお話を聞いた上で、私の実体験も含め一緒に最適な住空間を考えることを心がけています。

私にとって、お客様は「家族同然」です。自分の家族が暮らす家を建てる想いで仕事に取り組み、一軒一軒大切に建てて、育てていきたいと考えているので、社長である私自身の目が行き届く範囲で仕事を受けることにしています。地元堺で、この場所で生まれ育ったからこそ、ここに住む方に最適なアドバイスができる。それが我々のような地域密着の工務店の使命であると考えています。

スタッフ紹介

性能へのこだわり

事務担当
松田 友紀子(福祉住環境コーディネイター)

お家を建てる方と同じ主婦目線で、家事動線や収納など、お客様と共に悩みアドバイスが出来ればと思っています。
また、看護師としてのスキルを活かし介護リフォームのお手伝いが出来ればと、福祉住環境コーディネーターの資格も取得しました。少しでも皆様のお役に立てればと考えております。

性能へのこだわり

大工
小川 秀夫

大工一筋50年以上の大ベテラン。家づくりで知らない事はないのでは?と思うほどの知識と技術を持っています。
いつもニコニコと笑顔の絶えない棟梁です。工事中の気づいた事やちょっとした変更などは、気軽にご相談ください。