まつだ工務店の社長日記

2018年06月20日

大阪北部地震

堺市中区 木の家 注文住宅 リノベーション まつだ工務店

代表の松田幸二です。

 

6月18日午前7時58分、大阪北部で発生した地震

深さ約 15㎞ でマグニチュード(M)6.1(暫定値)、最大震度6弱

観測史上初の大きさだったようです。

被災地の方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 

私の住む堺市でも、大きな揺れを感じました。

子どもが通学中であったので、心配になり学校へ駆けつけましたが、無事に登校しておりました。

 

事務所へ戻り、地震情報を確認するも、報道が追い付いてなく詳しい情報がわかりませんでした。

大阪北部に住まれているお客様の安否確認をするため、電話連絡するも繋がらない状態でした。

 

大阪北部にある知り合いの工務店さんの事も心配になり、SNSで連絡すると、家の中が散乱した状態ではあるが、家族ともに無事との連絡をもらい一安心しました。

 

当社も北部に数軒のお客様がお住まいなので、ご無事かどうか心配でしたが連絡が取れない状態。

そこでLINEで繋がっているお客様には、落ち着いたら見ていただけるかとメッセージを送りました。

すると、「大丈夫です!」との返信が次々と送られてきて、心なでおろしました。

 

災害時は、電話がつながりにくくなり連絡が取れない状態が続きます。そんな時に活用されるのが

災害用伝言ダイヤル https://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/

こちらは、災害時に電話が繋がりにくくなった時に伝言を残して置けるシステムです。

こちらのシステムがあるのは知っていましたが、お客様の安否確認をしようと思った時には、思いつきませんでした。日ごろから、災害時に備えての知識を、もっと調べておくべきだと反省しました。

その後、まだ連絡の取れていなかった北部のお客様と午後になってから連絡が取れ、住宅に被害が及んでいるとのことでした。

現地へ駆けつけると、あちらこちらで屋根にブルーシートがかけられている状態でした。

 

 

 

お客様の屋根は棟が斜めに倒れかけている状態でした。

雨漏りしないようにブルーシートをかけました。

 

近所の様子を見ると、築年数の古い家で瓦屋根のお宅が被害が大きいように見受けられました。

 

これから復旧復興が始まると思いますが、1日も早い回復を願うばかりです。

 

いつ起こるかわからない地震や災害に備えて、日ごろからの準備が大切だと感じました。

首相官邸のページがありますので、ご参考にされてはいかがでしょうか。

http://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html

 

 

堺市中区 木の家 注文住宅 リノベーション まつだ工務店

代表の松田幸二でした。